委員長の部屋

2019年 年頭あいさつ

「私たちの暮らしを守る一年とするために」

 組合員の皆さん、あけましておめでとうございます。

 昨年は、自然災害が非常に多く発生した年になりました。大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震や、相次ぐ台風や大雨により全国各地で被害が発生し、東海においても多くの被害をもたらしました。
 
 さて、今年は亥年ですが、なぜか地震が多い年と言われています。(阪神淡路大震災、新潟県中越沖地震 等)東海・東南海トラフ大地震が来ると言われて久しいわけですが、防災・減災に向けた組合員・家族の皆さんが、自助意識を高めるきっかけにしていただく一年になればと思います。

 また亥年は、春には統一地方選挙があり、夏は参議院議員選挙があるという、12年に一度の選挙イヤーとなります。
 昨年の国会運営でも見られるように、欠陥だらけの法案を数の力で押し切る与党の横暴ぶりは目に余るものがあり、政治の劣化を際立たせています。この間の労働法制や外国人労働者拡大、消費税引き上げに伴う対策は、選挙目当てによる目先のごまかしばかりで、社会の将来を真剣に考えようとしない政府の姿勢に危機感を持つものであり、勤労者・生活者・納税者の政治を取り戻すために、何としても勝利をしなければなりません。
 とりわけ、7月の第25回参議院議員選挙においては、組織内「吉川さおり」が三期目の挑戦をする予定となっており、私たちの求める情報通信政策を国会で反映するためにも、何としても再選を勝ち取らなければなりません。組合員と家族の皆さんのご協力をお願いします。

 最後に、NTT西日本グループは、さまざまな社会的な課題の解決に、ICTの活用によって貢献し、地域から信頼される企業をめざすとする新中期経営戦略を発表しました。
今後、私たちの働き方も変化が求められており、その具体化に向けた論議が本格化していきますが、分会・職場と連携しながら、働きがいのある職場の確保に向けて、ていねいな取り組みを行なっていくこととします。

 2019年も、総支部・分会活動へのご理解・ご協力をお願いします。

NTT労働組合東海総支部
執行委員長 豊田 弘