委員長の部屋

組合員の皆さんの積極的な職場討議を

NTT労働組合は、第24回定期全国大会(7月6日開催)に向けて、2021~2022年度中期運動方針(案)を提起しています。また、西本部第24回定期大会(7月14日開催)、東海総支部第14回定期大会(7月22日開催)『議案』についてもそれぞれ発行し、2021年度活動方針(案)を提起しています。

東海総支部は、今年度も新型コロナウイルスの影響が続く中でWEB等を活用しながら各分会とも連携し、組合員との接点強化に創意工夫しながら取り組んできました。

2021年度も、組合員の健康と安全を第一義に、働き方の多様化などに対応しながら、すべての働く仲間の結集と活動参画に向けて取り組んでいくこととします。

また、組合員が安心して働き続けられる職場の確保に向けては、中期経営戦略に基づく諸施策へ対応していくことが必要と認識し、7月にスタートする新たな事業運営体制の早期定着に向けて職場の皆さんの意見を聞きながら進めていきます。

そして、働く者・生活者・納税者の立場に立った政治勢力の結集に向けて、秋までに行なわれる第49回衆議院議員選挙において組織重点「近藤昭一」衆議院議員(愛知3区)をはじめ、NTT労組が推薦するすべての候補者の必勝に向けて取り組み、来夏の第26回参議院議員選挙における組織内「石橋みちひろ」(比例代表)の三選につなげたいと思います。

それぞれの『議案書』が組合員の皆さんに配布されますので、ぜひ、一読いただくとともに各分会委員会への意見集約をお願いします。

 

 

NTT労働組合東海総支部
執行委員長 豊田 弘