委員長の部屋

健康・安全・安心を第一義に

新型コロナウイルスの感染拡大がとまりません。政府は、4月7日に「緊急事態宣言」を発令しました。そして、東海地域においても「愛知県」と「岐阜県」が県独自の「緊急事態宣言」を出しました。宣言の効力は、とりあえず5月6日までの約1カ月ということですが、その間にどれだけ感染を抑え込めるかが重要だといわれています。

東海総支部や分会は、この間も、西日本グループ各社の感染予防策としての時差出勤やテレワークの実施などに対応してきており、今後も組合員の健康・安全・安心を第一義に可能な限り実施できるよう会社側と論議をしていくこととします。

同時に、私たちは公益事業を担っており、通信の安定的な提供も担っていかなければなりません。現場第一線で働いている社員・組合員の献身的な取り組みに感謝します。

感染拡大を止めるためにも、手洗い・咳エチケットの徹底と「3密」①密閉空間、②密集場所、③密接場面を避けていただくよう要請いたします。

また、週刊発行しています「東海スクエア」については、職場の状況等を鑑みて4月は休刊とさせていただき、情報の共有については、東海総支部HPを活用していきますので、閲覧をお願いいたします。

 

 

NTT労働組合東海総支部
執行委員長 豊田 弘