委員長の部屋

2019年度・委員長あいさつ

「新たなスタートに向けての決意」

8月24日に第12回東海総支部定期大会を開催し、2019年度活動方針を決定するとともに新たな役員体制について承認をいただきました。
新たなスタートを切るにあたって、決意の一端を申し上げたいと思います。

はじめに、職場を原点とした組織活動の充実・強化です。
その一つとして、テルウェル東海分会の帰属変更についてであり、今年度からテルウェル東海分会の組合員約470名が東海総支部の仲間となります。
心から歓迎するとともに、早期に融和をはかり、組合員への世話役活動も含め各分会との連携を強化することとします。
その二つは、職場を原点とする活動の充実・強化です。分会・部会の広域化、組合員構成の多様化、勤務体系の変化等の職場実態をふまえた組合員とのコミュニケーションをどうはかっていくかが問われており、組合員との対話を基本に、創意工夫した取り組みを検討したいと思います。

次に、NTT西日本グループの安定的な経営基盤の確立についてです。
NTT西日本グループの営業利益は、昨年度に引き続き堅調ですが、利益の大半はコストダウンによるものです。このような中、安定的な経営基盤を確立するために「新中期経営戦略」に取り組んでいかなければなりません。今後は、東海カンパニーにおいても、さらなるビジネス営業の強化による人員シフトや新たな領域でのビジネス展開が想定されることから、会社対応を行なっていくこととします。また、「エリア社員(仮称)」等の労働条件諸課題についても、職場の声を反映するとともに、情報共有に努めていくこととします。

新たな役員体制は、これまでより若い体制となりました。次代につなげる活動を行なっていきたいと思います。
引き続き、東海総支部活動にご協力をいただきますようお願いいたします。

NTT労働組合東海総支部
執行委員長 豊田 弘